ダイエット時にプロテインはどれがおすすめ?

ダイエットすると筋肉も減少する

細マッチョ

太っている人が細マッチョを目指すとき、大切なのは、筋肉を減らさずに体脂肪だけを減らすことです。

しかし実際には食事制限などで減量するときには、筋肉も代謝されてしまいます。

そのまま放置すると、脂肪だけでなく筋肉も減少し、基礎代謝が落ち、リバウンドしやすいカラダになります。

大胸筋や腹筋も落ち、細マッチョとは程遠いカラダになります。

ならばどうしたら良いのでしょうか?

解決策はプロテインを飲んで筋トレする

筋肉を維持しながらダイエットするには、筋トレをすることが大切です。

その時、プロテインを摂取すると、効率的に筋肉の不足分を足していくことができます。

身体を大きくする筋トレは減量期には無理といわれています。
筋肉も代謝されるからです。

筋トレを効果的にするにはプロテインを飲むことをおすすめするわけです。

プロテインならなんでもいい?

では、筋肉を維持するために飲むプロテインはどんなプロテインでも良いのでしょうか?

実はプロテインには3種類あります。

ホエイプロテイン:牛乳から作られており、BCAAが豊富で、速やかにカラダに吸収されるのが特徴

ガゼインプロテイン:腹持ちが良く、就寝前に飲むアスリートも多い

ソイプロテイン:大豆から作られており、アミノ酸スコアが100のものが多い、カラダへの吸収はゆっくり

筋肉をより速やかに肥大させるには、ホエイプロテインが適しています。

ホエイプロテインは摂取したたんぱく質の利用される比率も高いのが特徴なので、無駄がありません。

アミノ酸スコア100ならば、ソイプロテインでいいのではないか?

アミノ酸スコアが100不足
アミノ酸スコアが100充足


ここで、アミノ酸スコア100という言葉が出てきました。
摂取したたんぱく質が効率よく筋肉に合成されるには、アミノ酸が必要です。9種類のアミノ酸が適量ずつ必要で、どれか一つでも不足や欠損があると、たんぱく質は筋肉に合成されません。

その9種類のアミノ酸とは、イソロイシン、バリン、トリプトファン、スレオニン、メチオニン、リジン、ロイシン、セリン、ヒスチジンです。

ソイプロテインは揃っていますが難点があります。

その理由を述べます。

筋肉の成長には、ゴールデンタイムというのがあります。

筋肥大のゴールデンタイムは、筋トレ直後です。

筋トレ直後に素早くカラダに吸収させるには、ソイプロテインでは吸収が遅いのです。

ゴールデンタイムに速やかに筋肉を合成させるには、ホエイプロテインが適しています。

ダイエット時にはビタミンも不足する

ダイエット時にはビタミンミネラルが不足しがちです。

筋トレで筋肉を増やすにもビタミンが必要です。

それは、筋肉の合成に必要なビタミン11種、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ナイアシン、葉酸、パントテン酸です。

これらも一緒に摂取しなければ、効率的に筋肉は補充されません。

食事でたんぱく質を摂ればいいのでは無いか?

プロテインはたんぱく質のことですが、毎日の食事でとることもできます。

実際僕は、たんぱく質中心の食生活をしてダイエットをしています。

僕の1日の食事例

朝:木綿豆腐200g、タンパク質量14g

昼:木綿豆腐200g・サラダチキン200g・千切りキャベツ・トマト、タンパク質量14g+16g

夜:木綿豆腐200g・千切りキャベツ・ほうれん草・鮭の塩焼き、タンパク質量14g+18g

合計でタンパク質量は76gです。


ダイエット時に必要なたんぱく質量は体重×1.5gです。

僕は、体重100kgだから、100×1.5gで150g必要です。

これだけたんぱく質を食事でとっても、74gも足りないのです。

そこでプロテインなら4杯飲めばいいことになります。

ダイエットにおすすめのプロテインは?

プロテインホエイ100マッスルプレス

ここまで解説した内容を整理すると
ほしいプロテインの傾向が分かります。

・ホエイプロテインであること

・アミノ酸スコアが100であること

・ビタミン11種が一緒に摂れること

この3点を叶えたのが、MONOVOのプロテインホエイ100マッスルプレスです。

公式HPはこちら



このサイトは別ページでプロテインホエイ100マッスルプレスの詳細を解説していますので、興味のある方はそちらもご覧ください。
プロテインホエイ100 マッスルプレスMONOVO 口コミと効果!筋トレ効果最大化

女性におすすめプロテイン

ソイプロテインは女性に人気です。

女性はプロテインで太るという懸念も持たれていますが、そんなことはありません。だいたいのプロテインはほとんどがたんぱく質で若干の糖質を含む程度です。

筋トレを行うことを条件として、プロテインの使用は太りません。

ソイプロテインはおすすめですが、もっと良くプロテインを知る必要があります。

ソイプロテインを女性が選ぶ理由に女性ホルモンの増加を期待する傾向もありますが、ダイエットにはホエイプロテインが向いています。

プロテインは女性ホルモンに影響を及ぼしません。

女性のソイプロテイン使用のデメリットは、ダイエット効果の半減です。

よりダイエット効果を望むならば早く筋肉特に遅筋を鍛えることです。基礎代謝が向上し、ダイエットに効果的です。

女性にプロテインの副作用を心配される方もいると思いますが、プロテインに副作用はありません、プロテインに男性ホルモンの増加を促す成分は含まれていないからです。

だから良いホエイプロテインを選びましょう。
コスパのいいおすすめプロテインは、結果的にプロテインホエイ100マッスルプレスです。

ザバスプロテインもおすすめですが、アミノ酸スコアが100ではありません。そして糖質が少し多いのです。

以上の理由でザバス プロテインのおすすめは控えておきます。

コスパの良いプロテインのおすすめ

プロテインのコスパを考えた時、筋肥大に効率の良いプロテインがおすすめです。

プロテインでおすすめのメーカーもたくさんありますが、
DNS、ザバス、マイプロテインなど、良いプロテインはたくさん出ています。

プロテインのおすすめダイエット方法に従って選ぶとホエイプロテインでアミノ酸スコアが100で筋肥大に必要なビタミンの配合されているものを選ぶべきです。

海外のプロテインでおすすめは、コスパ的にはマイプロテインです。しかし、アミノ酸スコアが100ではありません。

成長期の高校生におすすめプロテインも、ホエイプロテインです。
高校生はまだ身長が伸び盛りです。即座に栄養の摂れるホエイプロテインは有効だと考えます。

プロテインの比較をするとやはり、プロテインホエイ100マッスルプレスが筋肥大の効率を考えるとコスパが良いことになります。

プロテインを摂るデメリットというのはありません。なぜならプロテインに副作用は無いからです。

筋肥大の栄養素となるだけです。また、爪や髪の毛、皮膚の元になるものですから、大量に摂取しても問題が無いのです。

プロテインでダイエットする男の場合

男性がホエイプロテインでダイエットする場合、筋トレすることが重要ですが、遅筋と速筋を同時に鍛える必要があります。

遅筋は、ジョギングや長時間の低負荷のトレーニング、速筋は短時間の高負荷のトレーニングです。

ダイエットの場合、速筋を鍛える筋トレをした後に、遅筋を鍛える有酸素運動をすると、食べた糖質が消費され尽くし、体脂肪が燃えだします。

男性におすすめのプロテインもプロテインホエイ100マッスルプレスです。速やかに筋肉を増強してくれるでしょう。

プロテインの効果を見るには、数か月が必要です。あくまで補助的な見方をしなければなりません。筋肉は筋トレだけで、そんなに早く結果が出ないからです。

しかし、たんぱく質を効率的に摂っていなかったら、筋肉は増えません。結果基礎代謝が上がらず、ダイエットに失敗してしまいます。

ザバス ウェイトダウンと比較

プロテインホエイ100マッスルプレスとザバス ウエイトダウンのビタミンを比較します。

プロテインホエイ100マッスルプレス ザバス ウエイトダウン
ビタミンE
ビタミンC
ナイアシン
パントテン酸カルシウム
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンA
ビタミンB1
葉酸
ビタミンD
ビタミンB12


次にたんぱく質について比較します。
プロテインホエイ100マッスルプレス ザバス ウエイトダウン
プロテインの種類 ホエイプロテイン ソイプロテイン
アミノ酸スコア 100 良好
カラダへの吸収速度 早い 遅い


サバスウェイトダウンをダイエットに用いようという人は多いと思いますが、ちょっと知識をもちましょう。

ダイエットすると筋肉も落ちます。食事療法だけでは、筋肉が少なくなり、基礎代謝が悪くなり、リバウンドしやすカラダになるのです。

ダイエットにプロテインを用いるのも、筋肉を維持し、基礎代謝を下げないためです。

一般に減量時に筋肉は付かないと言いますが、それはアスリートの話で、筋トレ初心者はかなりの確率で筋肉は増えます。それは多くの口コミや知恵袋などで紹介されています。

たんぱく質消化吸収率補正アミノ酸スコア(PDCAAS)はザバス ウェイトダウンは良好という表示に、プロテインホエイ100マッスルプレスは100です。

ホエイプロテインには分岐鎖アミノ酸(BCAA)が豊富に含まれているので筋トレ効果がより発揮されます。

ザバスウェイトダウンは筋肉に必要なビタミン11種が揃っていますが、大豆プロテインなので、筋トレ前後に飲むプロテインとしては、ホエイプロテインに勝てません。

ホエイプロテインの体内での吸収率は大豆プロテインより格段に速いのです。

使い分けとしては、現在ある筋肉の維持のみの目的なら大豆プロテイン、筋肉をつけながらダイエットするには、ホエイプロテインです。

ザバス ホエイプロテインと比較

プロテインホエイ100マッスルプレスとザバス ホエイプロテイン100の比較をします。

サバスホエイプロテイン100とプロテインホエイ100マッスルプレスは、比較するとかなり似通った商品であることがわかります。

ダイエットには、筋肉の成長が不可欠です。基礎代謝が上がりますから。

ということでホエイプロテインという選択が正しいと思うのですが、コストの面も考えなければなりません。

僕は、朝昼晩と豆腐や鶏肉を食べていますが、筋肥大に必要なタンパク質量が74g足りていません。

これをプロテインで補うには1日3〜4食必要です。

そうなると、1カ月で90食〜120食必要です。

サバスホエイプロテイン100だと3袋で約17,000円、4袋で22,000円です。
プロテインホエイマッスルプレスだと、3食で足りるので、9,750円で足ります。


まずはビタミンを比較します。

プロテインホエイ100マッスルプレス ザバス ホエイプロテイン100
ビタミンE
ビタミンC
ナイアシン
パントテン酸カルシウム
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンA
ビタミンB1
葉酸
ビタミンD
ビタミンB12


次にたんぱく質について比較します。
プロテインホエイ100マッスルプレス ザバス ホエイプロテイン100
プロテインの種類 ホエイプロテイン ホエイプロテイン
アミノ酸スコア 100 100
カラダへの吸収速度 早い 早い


次にコストを比較します。



プロテインホエイ100マッスルプレス ザバス ホエイプロテイン100
1パックの容量 1,000g 1,050g
1食分のたんぱく質量 20g 15g
値段 定期購入3,250円(税別) 5,550円(税別)


表で見ると、値段に関して言えば、プロテインホエイ100マッスルプレスのほうが定期購入すれば、かなりコストダウンになります。

しかし、ザバスで推奨している1食分は21gプロテインホエイ100マッスルプレスで推奨している1食分は30gです。

これに従うと、ザバスホエイプロテイン100は約50食分、プロテインホエイ100マッスルプレスは33食分になります。

早く筋肥大を目指したいならば、コストを抑えたプロテインホエイ100マッスルプレスを選択すると良いでしょう。

筋肥大に有効なプロテインのおすすめ

筋肥大に最強プロテインといえるのは、プロテインホエイ100マッスルプレスです。

プロテインで筋肉増強するには、摂取したたんぱく質が高確率で筋肉へと合成されるプロセスを考えた時

アミノ酸スコアが100であることと、筋肥大に必要なビタミンの配合された、プロテインホエイ100マッスルプレスが最強といえるでしょう。

筋肉を大きくするプロテインランキング

1位:プロテインホエイ100マッスルプレス
2位:ザバスホエイプロテイン
3位:DNSプロテイン
4位:gnc プロテイン
5位:ソイプロテイン ビーレジェンド
6位:コンバット プロテイン

ここまで解説した内容を整理すると
ほしいプロテインの傾向が分かります。

・ホエイプロテインであること

・アミノ酸スコアが100であること

・ビタミン11種が一緒に摂れること

この3点を叶えたのが、MONOVOのプロテインホエイ100マッスルプレスです。

公式HPはこちら



このサイトは別ページでプロテインホエイ100マッスルプレスの詳細を解説していますので、興味のある方はそちらもご覧ください。
プロテインホエイ100 マッスルプレスMONOVO 口コミと効果!筋トレ効果最大化

 

サイトマップ